【必見】ベイビーサポートガールとジュンビーピンクゼリーを徹底比較

 

女の子を産み分けできるベイビーサポートとジュンビーピンクゼリーはどんな人におすすめなのか、品質や使用感、それに値段のことなど比較したので参考にしてみてくださいね。

 

ベイビーサポートとジュンビーピンクゼリーの品質を比較

 

どちらも結果的には安全で安心して使える商品ではあるのですが、どのあたりが違うのか見ていきますね。

 

雑貨扱いと管理医療機器商品

 

実はベイビーサポートは雑貨扱いの商品で、ジュンビーピンクゼリーは管理医療機器商品です。

 

管理医療機器というのは厚生労働省から承認を得る必要があるんです。体温計や血圧計などが管理医療機器ですね。産み分けゼリーは管理医療機器として登録しないといけない商品ではないですが、ジュンビーピンクゼリーは管理医療機器商品として登録しています。

 

ベイビーサポートは登録していないので雑貨扱いという形になってしまいます。ただ、ベイビーサポートは独自で安全性への追及をしており、第3者機関による安全性試験もクリアしているのでジュンビーピンクゼリーと同様に安心して使えますよ。

 

ベイビーサポートガールとジュンビーピンクゼリーの成分は?

ベイビーサポートガール ジュンビーピンクゼリー
精製水
乳酸 乳酸
ヒアルロン酸Na ヒアルロン酸Na
クエン酸Na クエン酸Na
クエン酸 グリセリン
チャ葉エキス ヒドロキシエチルセルロース
カルボマー エデト酸二ナトリウム
ポリアクリル酸Na パラオキシ安息香酸
塩化Na
BG
水酸化K
レモン果汁
プロパンジオール
フェノキシエタノール
安息香酸Na

 

ゼリーに含まれている成分はベイビーサポートのほうがジュンビーピンクゼリーより多いです。

 

その中でも3種類が共通の成分になります。ゼリーの保湿成分でもある乳酸とヒアルロン酸、それに産み分けに需要なpH調整にクエン酸が共通成分として使われていますね。

 

ではこれらの成分によって副作用などを引き起こす可能性があるかですね。

 

ママや赤ちゃんに対して副作用で障害になる危険性は?

 

品質で一番気になる部分でもある安全性についてですが、ベイビーサポートガールやジュンビーピンクゼリーを使ったからといってママや赤ちゃんに副作用がでるなど、障害になる危険はないと言われています。

 

両社とも副作用や障害など問題があった報告は一度もないんですよ。それにジュンビーピンクゼリーは遺伝子疾患を避けるために積極的に使われているケースもあるみたいですよ。

 

天然成分など原材料に徹底的にこだわっているので口に入れても問題なく、安心して使えるように品質を高めているんですよ。

 

両社とも品質に対する意識は高いですね。ただ、より品質にこだわっているのは、ジュンビーピンクゼリーのほうかなと思いますね。

 

ジュンビーピンクゼリーは容器までこだわっている。

 

ジュンビーピンクゼリーは容器までこだわっています。

 

PP材といって中身が劣化しにくい素材を使っており、軽い力で最後までゼリーを押し出せるよう独自開発されており、特許を取得した容器でもあるんですよ。

 

それに産婦人科医と共同開発しているので医療的観点からも考えて作られているんですよ。

 

このことからも品質に対してはジュンビーピンクゼリーのほうが高いと思いますね。

 

ベイビーサポートガールとジュンビーピンクゼリーの使い方や使用感の比較

 

ベイビーサポートガールとジュンビーピンクゼリーの使い方や使用感ですが、まず使い方についてはどちらも同じです。

 

性交前に使われて膣に容器を5〜8cmほど挿入して注入するだけなので簡単に使えます。

 

湯煎をしたり、注入後5分待つといったこともしなくていいので、夫婦間の雰囲気が壊れにくいです。

 

ちなみに病院で処方されるピンクゼリーはゼリーを湯煎しないといけないので時間がかかります。性交前にゼリーを湯煎して溶かして注入後にも5分間じっと待つ必要があるのでどうしても雰囲気が悪くなってしまう方が多いみたいです。産み分け感が出てしまいますもんね。

 

ベイビーサポートガールやジュンビーピンクゼリーは挿入してワンプッシュだけなので楽ちんですよ。しかも使い捨てなので衛生的です。

 

で、使用感についてですが、こちらは若干違いがあるのかなと思いましたね。

 

ベイビーサポートガールとジュンビーピンクゼリーの使用感は?

 

ベイビーサポートガールは内容量が4.5mlでジュンビーピンクゼリーの内容量は1.7mlとベイビーサポートガールのほうが3倍近くの内容量があるんです。

 

この内容量はベイビーサポートガールの特徴の一つでもあって、どの産み分けゼリーより多いんです。

 

なので使用感はベイビーサポートガールのほうがスムーズに性交できると思いますね。実際に私がベイビーサポートガールを使った感想としてはドビュっと奥にまとまって出る感じでしたよ。普段からスムーズに行為できなかった私でも問題なくできたのでよかったです。

 

あと、量が多いからといってポタポタ落ちてきたり、注入したらすぐに挿入しないといけないといったこともなかったので、普段と変わらない感じなんじゃないかと思いますね。

 

ジュンビーピンクゼリーは、私の友人が使ったのですが、ブチュっと出る感じで勢いがある感じではなかったみたいです。というより、夫に入れてもらっていたみたいで、ゼリーが入っている感覚がなかったみたいですよ。彼女は普段からスムーズに行為できていたので問題なく使うことが出来たと言っていましたね。ベイビーサポートガールと一緒でポタポタ落ちてくることもなかったみたいです。

 

もし普段からスムーズに行為が出来ないといったことがあるのならベイビーサポートガールがおすすめですね。ゼリーが垂れてくるといった汚れる心配もなくスムーズにできたので最適な量なのかもしれませんね。

 

最後に料金に関してですね。

 

ベイビーサポートガールとジュンビーピンクゼリーの値段について比較

ベイビーサポートガール ジュンビーピンクゼリー
内容量

1本4.5ml
7本入り

1本1.7ml
10本入り

1セット価格 13,800円 14,800円
1本あたり 1,972円 1,480円
2セット価格 22,080円(20%off) 26,600円(10%off)
1本あたり 1,578円 1,330円
3セット価格 28,980円(30%off) 38,400円(13.5%off)
1本あたり 1,380円 1,280円
送料 2セット以上購入で送料無料

 

金額的にはベイビーサポートガールのほうが安いですが、1本あたりの金額で見るとジュンビーピンクゼリーのほうが安いんですよ。

 

産み分けを成功できる可能性を高めることが出来るわけなのでやっぱり安くはないですよね。

 

ただ、お得なことに2セット以上まとめて購入するとお得な特典がつくんですよ。

 

ベイビーサポートガールとジュンビーピンクゼリーのお得な特典を比較

 

ベイビーサポートガールとジュンビーピンクゼリーには公式サイトから2セット以上購入でおめでたすることができればお金が返ってくる返金制度があるんですよ。

 

まとめ買いは割引が大きいけど、もし余ったら損する・・・。といったことがないようにまとめ買いがお得になっているんですよ。

 

どんな感じかというと、

 

ベイビーサポートガール ジュンビーピンクゼリー
買い取り方法 1本1,000円 1箱のみ1万円
最大返金額 20本の2万円 1万円
返金条件 2セット以上を公式サイト経由で購入しておめでたした方
エコー写真を送れる方

余ったゼリーは未開封
1セット分使用せずに余った場合は
外箱も未開封

1箱のみの買取で未開封
購入から1年以内に連絡が必要 期間はなし

 

 

ベイビーサポートガールは1本1,000円で余ったゼリーをすべて買い取りしてくれます。そしてジュンビーピンクゼリーは箱単位の返金で1箱1万円で買い取りですね。

 

ベイビーサポートガールは早ければ早いほど妊娠すればお得になります。早く授かることができればジュンビーピンクゼリーより多く返ってくる可能性がありますね。

 

ただ、使用期間が1年以内なので注意が必要です。

 

月に2回は使う予定があるのであれば3セットまとめ買いがいいと思いますが、月に1回〜2回ぐらいであれば3セットはおすすめしませんね。

 

ちなみに女の子を妊娠しやすい時期は排卵日の2日前と3日前なんですよ。ベイビーサポートガールやジュンビーピンクゼリーは特にタイミングに関しては規制していませんが、狙うのであれば排卵日2日前と3日前の2日間がいいんじゃないかと思いますね。

 

ジュンビーピンクゼリーは返金対象は1箱だけなので、買うのなら2セットがおすすめです。

 

ベイビーサポートガールみたいに1本単位で買い取りしてくれるわけではないので微妙に余ってしまう可能性があります。

 

ただ、使用期間がないのはいいところですよね。あと、まとめ買いをすると葉酸サプリ(1ヵ月分)もついてくる特典もあります。ジュンビー社は葉酸サプリにも力を入れているのでとてもいい商品ですよ。

 

結局、ベイビーサポートガールとジュンビーピンクゼリーだとどっちがいい?

 

結局、どっちがいいかというと、

 

  • 品質で選ぶなら、産婦人科医と共同開発のジュンビーピンクゼリー

 

  • 赤ちゃんにいい葉酸サプリも欲しいのならジュンビーピンクゼリー

 

  • 料金だけで選ぶなら1本1,000円で買い取りしてくれるベイビーサポートガール

 

  • たっぷり容量が欲しいのならベイビーサポートガール

 

こんな感じだと私は思いますね。

 

私はたっぷり容量と1本1,000円で買い取りしてくれるのに惹かれたのでベイビーサポートガールにしました。

 

というより、私が産み分けしたときは、まだジュンビーピンクゼリーは発売されていませんでしたね。(笑)

 

ま〜そんな感じで私はベイビーサポートガールで産み分けをして3周期と早い段階で妊娠することができ、2018年6月に女の子を無事に出産することができましたよ。本当にお産って痛いですよね〜でも、あのお産が終わって、目の前に赤ちゃんが来た時に感じた『あ〜念願の女の子だ〜』という感動は忘れれないですね。